エコ・デ・ジャパン

平和党は自然主義経済で、貧困と病気を撲滅します。食糧とエネルギーの完全自給は、家族・地域・地球の愛から。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
海底に無数の巨大鉄パイプ? 温暖化阻止の奇策
uなんかとかしましょう。
自然主義経済で。

平和党公式ホームページ
Posted by : 大坂佳巨 | 環境 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
地球温暖化が急速に進み、二酸化炭素など温室効果ガスの排出規制は待ったなしの課題です。すぐ着手すべき方策は?
質問6【環境】
地球温暖化が急速に進み、二酸化炭素など温室効果ガスの排出規制は待ったなしの課題です。すぐ着手すべき方策は?

続きを読む >>
Posted by : 大坂佳巨 | 環境 | 01:04 | comments(0) | trackbacks(0)
地球温暖化を防ぐ品々
自分で塗れる珪藻土 リターナブルパウダー
自分で塗れる珪藻土 リターナブルパウダー

■こだわりの日本製品 【monaccaシリーズ】木製座布団(ざぶとん)/Zabuton  通販【在庫限り】Za... 

■【送料込+今だけ消臭スプレー付き】燃費10%up 全国TV放送のカーアップ【環境保護】燃費向上、...

■[在庫あり]環境に優しい不燃タイプのエアダスター。ボンベが取替えできて経済的。エアダスタ...

■【在庫限り33.3%OFF・送料無料・代引手数料無料】SJS30 シェルソーラージャパン 太陽電池モ...

■家庭用風力太陽光ハイブリッド発電システムOWL(アウル)

■石窯用の薪





Posted by : 大坂佳巨 | 環境 | 15:21 | comments(0) | trackbacks(0)
文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの
文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (上)
文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (上)
ジャレド・ダイアモンド



文明崩壊 (上)
2005年に米国で発売され、ベストセラーとなった話題の1冊である。
著者は生物学から地理学、鳥類学、人類生態学まで、広範な領域で研究を続けている。ピュリッツァー賞を獲得した前作『銃・病原菌・鉄』では、これらの知識・知見を統合し、文明の発展には生態系や地形の特徴などの環境要因が大きく影響したことを指摘した。本書では、文明崩壊のメカニズムを説き明かす。

世界には、過去、大いに繁栄しながら、その後崩壊してしまった社会の遺跡があちこちに残っている。例えば、イースター島、マヤ、北米アナサジ、ノルウェー領グリーンランドなど。著者は実際にこれらの地に赴き、栄華を極めたかつての社会に思いを馳はせながら、なぜ崩壊したのか、その過程を探り、いずれも、同様の道筋をたどっていると指摘する。

ルワンダや中国が物語るもの

社会が繁栄すると人口が増える。人口が増えると、農作物の無理な増産やエネルギー消費量の拡大などで環境に過大な負荷が生じる。その結果、食糧・エネルギー不足となり、多すぎる人間が少なすぎる資源を巡って争うなど、共同体内部の衝突が激化する。飢餓・戦争・病気によって人口は減少し、社会は崩壊する――こういう具合だ。

著者は崩壊の潜在的要因として、環境被害、気候変動、近隣の敵対集団、友好的な取引相手、環境問題に対する社会の対応という5つの枠組みを設定。崩壊した社会、または存続した社会に当てはめて、検証していく。崩壊を免れた社会の事例として、徳川幕府による「上から下」への統制で、持続可能な林業を作り上げた江戸時代の日本も登場する。

著者のこうした考察は、現代社会への警鐘として帰結する。第三世界の惨事の地・ルワンダ、急速に先進国の仲間入りを果たそうとする中国、最も脆弱ぜいじゃくな環境を抱えるオーストラリアなどの事例を紹介する。今日のグローバル社会では、1つの社会の争乱は別の社会の災厄となることを指摘。我々は歴史を教訓に崩壊を回避し、乗り越えられるのかと問う。(日経エコロジー 2006/04/01 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)

平和党公式サイト





出版社/著者からの内容紹介
イースター島やマヤ文明など、消えた文明が辿った運命とは。繁栄が環境に与える負荷の恐るべき結末を歴史的事例で検証し文明存続の道を探る。全米ベストセラー。
Posted by : 大坂佳巨 | 環境 | 15:17 | comments(0) | trackbacks(0)
気候変動 +2℃
気候変動 +2℃
気候変動 +2℃
山本 良一,Think the Earth Project

本書は、地球の平均気温が工業化以前に比べて2℃を超えて上昇すると、社会や生態系が壊滅的な影響を受けると警告している。「2℃」は「人類が超えてはならない一線」だが、果たして守れるのか。温暖化の様子をコンピューターグラフィックで示し、右ページに1950~2100年まで、3年ごとの地球の平均気温分布図を収録する。各ページに1900年の気温との差を色分けした地図が載っており、パラパラめくると、地球全体の気温が上昇していく様子がわかる。左ページには、環境問題に対するこれまでの取り組みのほか、今後、温暖化によって起きると予想される被害、未来を変えようとする新しい取り組みなどをまとめる。(日経エコロジー 2006/07/01 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)

平和党公式サイト






出版社/著者からの内容紹介
テレビ化された『1秒の世界』、『世界を変えるお金の使い方』に続く、話題のシリーズ第3弾!
ページをパラパラめくると、地球が青から赤へ・・・100年間の地球温暖化が、色の変化で一目でわかるビジュアルブックです。気温上昇が2℃を超えると、「気候大変動」を誘発する引き金を引いてしまい、地球はもはや手が付けられない事態になると言われています。スーパーコンピュータ「地球シミュレータ」が警告する2100年の地球とは・・・。温暖化と気候変動が地球全体に関わる以上、この問題に無関係な人はひとりもいません。
Posted by : 大坂佳巨 | 環境 | 15:13 | comments(0) | trackbacks(0)
地球のなおし方
地球のなおし方
地球のなおし方
デニス・メドウズ,枝廣 淳子,ドネラ・H.メドウズ

出版社 / 著者からの内容紹介
地球の温度は上がり続け、海水は上昇し、森林は傷つき、地球の砂漠化は進んでいる。崩壊を止めるには、人間の行動を変えるしかない。

内容(「BOOK」データベースより)
温暖化、森林破壊、資源の枯渇…地球環境をシステムとしてとらえることで根本的な解決策が見えてくる。


平和党公式サイト
Posted by : 大坂佳巨 | 環境 | 15:11 | comments(0) | trackbacks(0)
地球では1秒間にサッカー場1面分の緑が消えている
地球では1秒間にサッカー場1面分の緑が消えている
地球では1秒間にサッカー場1面分の緑が消えている
田中 章義

平和党公式サイト

出版社/著者からの内容紹介
「世界では12億人が1日に缶ジュース1本分のお金以下で生活し、そのうちの半分が子供」「1日550人の子供たちが戦争や紛争で殺されている」etc…いまの地球の姿を、人口、食料、環境、貧困について、さまざまなデータでやさしく解説していく、地球の教科書と呼びたい一冊。

内容(「BOOK」データベースより)
色々なデータを地球規模でみんながわかりやすく読める地球の教科書。
Posted by : 大坂佳巨 | 環境 | 15:07 | comments(0) | trackbacks(0)
あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ
あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ
あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ
セヴァン カリス=スズキ
内容(「BOOK」データベースより)
1992年6月11日。ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開かれた国連の地球環境サミット。カナダ人の12歳の少女が、いならぶ世界各国のリーダーたちを前にわずか6分間のスピーチをした。そのことばは、人々の強い感動を呼び、世界中をかけめぐり、いつしか「リオの伝説のスピーチ」と呼ばれるようになった。

内容(「MARC」データベースより)
1992年、リオ・デ・ジャネイロで開催された国連の地球環境サミットでの、12歳の少女のわずか6分間のスピーチ。世界中を感動させたこのスピーチなどをイラストと共に収録する。スピーチの英語原文も掲載。
Posted by : 大坂佳巨 | 環境 | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0)
海面上昇とアジア海岸
海面上昇とアジア海岸
海面上昇とアジア海岸

内容(「BOOK」データベースより)
2000年3月の日本地理学会の春季学術大会で、「地球規模の環境変化とアジア・太平洋地域における海岸環境」と題してシンポジウムが開催された。本書は、このシンポジウムを骨格とし、さらに内容を充実させるよう新たな執筆者を加え、また各著者が図や写真を工夫して、広く一般の方々にも読んでいただけるようにわかりやすくまとめたものである。

内容(「MARC」データベースより)
多様な海岸域・都市地域における海面上昇の影響、海面上昇の影響予測と対応戦略を述べる。2000年開催「地球規模の環境変化とアジア・太平洋地域における海岸環境」シンポジウムの記録をもとにまとめる。
Posted by : 大坂佳巨 | 環境 | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0)
地球温暖化についての作文
地球温暖化作文 Yahoo!JAPAN
35
地球温暖化 作文 Yahoo!JAPAN
19
平和党 Yahoo!JAPAN
12
核戦争後の地球 Yahoo!JAPAN
11
地球温暖化の作文 Yahoo!JAPAN
MSN
11
地球温暖化についての作文 Yahoo!JAPAN
MSN
8


ここ最近の当ブログの人気キーワードで急上昇中です。

夏休みの宿題がんばってくださいまし。

平和党公式サイト
平和党公式ブログ
Posted by : 大坂佳巨 | 環境 | 06:14 | comments(0) | trackbacks(1)
TOP