エコ・デ・ジャパン

平和党は自然主義経済で、貧困と病気を撲滅します。食糧とエネルギーの完全自給は、家族・地域・地球の愛から。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
<< 環境税導入に賛成4割、環境に関する世論調査 | main | アオウミガメの頭数減少、保護活動は限定的 >>
小さな電気自動車、通勤などに力を発揮
【10月7日 AFP】米オハイオ(Ohio)州に本拠を置くMeyers Motorsでは、1人乗りの3輪電気自動車NmG Personal Electric Vehicle(NmGは『No More Gas』の略)を販売している。この車は、単独で動くことの多い日々の通勤や近所の用事などで実用性を発揮する。とはいえ最高時速120キロの性能もあわせ持ち、米国内の高速道路での走行も可能だ。ただ、1回の充電で最長約48キロしか走行できず、同乗者とドライブを楽しむこともできないため、これまでの総販売台数は35台と、サイズと同様に少し控えめだ。(c)AFP
Posted by : 大坂佳巨 | 電力エネルギー | 08:42 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 08:42 | - | -
コメント









この記事のトラックバックURL
http://heiwatou.jugem.jp/trackback/491
TOP