エコ・デ・ジャパン

平和党は自然主義経済で、貧困と病気を撲滅します。食糧とエネルギーの完全自給は、家族・地域・地球の愛から。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
<< 省エネ断熱 | main | 石原都知事の大罪はディーゼル規制 >>
薪で動く自動車の時代到来
英国の作詞家 William Blake(1757-1827)は、このような言葉を残しました。

「今、証明されているものは、元をただせばイメージから出たものである」と。

常識の土台で語られる議論は、すでに証明されつくされたものだけでできています。
ところが、それが常識となるまでには、多くの苦難を乗り越えてきた事でしょう。それ以前には、ただイマジネーションがあっただけです。

つねに常識をくつがえした新常識の誕生というのは、それまでの常識に縛られた人にバカにされるものです。とくにイメージの段階ではなおいっそうでしょう。理論化がされても、いまだに信じない人もたくさんいます。これは歴史の法則です。頭の固い人は、まずついていけません。

平和党結党時、二年前ですが、薪で自動車を動かせばエネルギー革命になるので、これを政策に掲げようという人がありました。私は賛成しましたが、圧倒的に「そんなことできるわけねぇだろ」とバカ扱いで却下されました。

ところが今、ネット上でみてみたらありました。

廃材や端材でも燃料にできる薪ガス自動車


makicar

トラックにこんな邪魔っけなもん積んで、これで実用化といえるのかよとの声が聞こえてきそうですが、これで終わりではないでしょう。まだまだ進むと思います。

ありえないこととされていることは、それが慈愛や自分自身を研磨しようと努力する限りにおいて、必ず実現されると確信しています。平和党の自然主義経済もマイナス利子という、きわめて非常識な、未常識な、みんながバカにするものではあるけれども、これは、世のために発案されたものです。だから、一向にバカにするのはかまわないと思っているし、必ず歴史の変革期の最初には、このような既存の政治学・経済学の尺度からはみでたものを笑う人々は圧倒的多数をしめるわけです。

私は、薪による代替ガソリン、菜種による代替ディーゼルは自動車業界で主流になるのではと思います。これはこれで、いずれ別の形の環境問題になるかもしれませんが、現代の石油支配体制の政治・経済から脱却し、農林水産業が活性化することでお金から解放される社会を作るには、必要な事ではないかと考えます。

しかしこの↓
■油圧式薪割機

薪を割るにも、電気エネルギーを必要としているのには、驚かされますが・・・・

■【送料無料!】 電気式薪ストーブ ザ・ストーブ DS5603

電気式薪ストーブなんてのもあります。

今では、電力・石油を中心としたエネルギー社会になっていますが、ここに日本人として忘れてしまった、物の大切さや自然と調和する心を取り戻すべきではないかと思います。

勿論、魂として、そういうものが残っているからこそ、こうして、

遠赤外線セラミック竈(かまど)炊き風炊飯鍋と御櫃(おひつ)セット

かまど炊きというものが売れているのでしょうけど。

これらを実質的に使える経済社会にしたいものです。自然主義経済になれば、無駄な生産・無駄な消費のための経済活動が全てそがれますので、かつて日本で使用されていた独自の文化が、新たな科学技術の文化と統合しながら、東洋独自のものができるでしょう。


発明者の方が代表取締役をつとめる「だいいち薬局」

鳥取県の町ですが、機会があればお会いしたいものです。
Posted by : 大坂佳巨 | 自動車 | 19:13 | comments(2) | -
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 19:13 | - | -
コメント
はじめまして、ご紹介いただいた「だいいち薬局」の国岡啓二です。
今日、朝日新聞の日曜版を見て初めてブログの世界に迷い込みました。
このように注目していただけたことを感謝しています。20年前に薪のエネルギーだけで600キロ走行しました。その後、出番のない古い技術と思っていましたが、CO2問題で新エネルギーと呼ばれて県知事まで見て、説明を求めてきました。薬局局経営の片手間に自費でやってきましたが、家族から道楽といわれています。一昨年は大阪モーターショーに出展して、トヨタとダイハツの向かい側に「焼芋のようだ」といわれながら展示させていただきました。このときも7桁台の出費でした。大変ですが、超おもしろいので、やめられません。とりあえずお礼と近況を連絡させていただきました。
| 国岡 啓二 | 2007/03/18 8:34 PM |

これはどうもわざわざありがとうございます。今後は絶対に必要になってくる発明だと思います。ぜひとも頑張っていただきたいと存じます。

知事とは今回引退する片山 善博さんのことですか。いよいよ明日から知事選挙ですが、ぜひともこういうものを推進する知事を選んでいただきたいと思います。
| 大坂佳巨 | 2007/03/21 8:36 PM |










TOP