エコ・デ・ジャパン

平和党は自然主義経済で、貧困と病気を撲滅します。食糧とエネルギーの完全自給は、家族・地域・地球の愛から。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
天地と呼吸する政策とは
近代西洋の発想は、天地と呼応しようとしない面があると感じています。あまりにも理屈に先立って、自然主義経済を理解しようとしてもできるものではないと痛感しているからです。

では、天地と呼応、「天地人」と言いますが、これは本来、何を意味しているのか私にはわかりませんが、おそらく天地と人が通じることだろうと思います。

天地と呼吸するにはどのようにしたらいいか。地球環境問題をただ頭脳で考えていただけでは、むしろ今までの近代西洋発想の延長線上となり、どれだけ環境問題を考えたとしても、さらなる「余計な人智」を加えてしまい、さらなる悪化を及ぼす恐れがあります。

私が子供のころ、よく病気になると、母はそのころ夢中になって研究していた「導引術」というものを施してくれました。他にもいろいろとその手のものを研究していたようですが、結論としては、両手を重ねて20回ほどすり合わせ、30回ほどその患部にあてて左回りに回すという方法でした。それで手のひらを天に向けるということだったように思います。

何の根拠も知らなかったけれども、それで腹痛でも頭痛でも歯痛でも風邪でも治った。鼻が詰まるとそれですぐに治った。

今、考えてみるに、合気道では手のひらを上にして天に対して気を呼吸させよということと共通することがあると気付きました。
現代では、このようなことをまともに扱う科学はなく、日本の伝統として残る武道・武術の世界にはいまだ存在しています。

さらに、地についてですが、私はかねてより剣道の足の運び方について、つま先立ちはおかしいだろうと思っていました。これがアキレス腱を切ってしまう最大の理由だけれども、かつての武士や、戦国時代の兵士たちがアキレス腱を切るのに悩まされた・・・などという話は一度も聞いたことがない。これは明治維新から曲解されて、つま先立ちになってしまったということを最近知りました。

それで本来は、踵の力によって、踏み出し、地面とは水平に、すり足によって進むことということがわかりました。地面を蹴っ飛ばしては、早くも走れないし、剣術においても誤った方法が伝承されてしまっているということです。

ところが、踵そのものではないだろうと最近考えるようになった矢先、私が通う東金居合抜刀同好会の陳徳銘先生より、「月刊秘伝」という雑誌をお借りしました。ここに「人間の中心力とはどこか」という論文を高岡英夫氏なる科学者が寄せています。

人体の中心力は、「正中線」「中丹田」「腰椎二番」「胸椎七番」「仙骨」「下丹田」「股関節」・・・・と、いろいろな説があります。いずれの武道家も「中心力が大事であり、中心力で動け」とは言いますが、その中心力とはどこにあるのかが人によってまちまちであるということです。

そしてどの指導者も、「中心力はここしかない」と、一つの部分だけを示しています。ところがこの高岡氏は、「多重中心構造論」ということを述べています。だがどうしてもどの指導者も中心力一点論を言う。だがそれは違うというわけです。それでこのことを理解していたのは養神館合気道の故・塩田剛三氏だけであったとしています。

それでその塩田氏の言う中心力は、養神館で教える中心線と下丹田以外にも多数存在するのだが、それは教えていないという。なぜならば、それは説明してわかるものではなく、自覚しなければならないからということです。そして、この時点で、弟子の中に中心線以外に中心力が存在していることを悟った人は一人もいないということでした。

その場所とは、塩田氏が足の裏の一点を指し示し、中心力が生まれる場所であると感慨深げにしていたところ、それはおそらく踵の前の部分であるかと思います。それで高岡氏は、普通の人から達人になるにしたがって、彼が「ウナ」と呼んでいる脛骨の垂直下部分、ここをどの達人も中心力として自覚しているというのです。

ここに自分は、かかとでは踏み出しているものの、実はかかと全体ではなくて、かかとの前の部分であることがよくわかりました。

そしてまた、なぜ脛から直下した部分が人間の中心力をなすのか、これは容易に理解することができました。

人間は天と地を結び、ここと直結することによってのみ、新たなる発想を生み出し、体内で物理化学生物学的に作られたエネルギー以外の気力を生み出すことができるのだろうと感じます。人間は脳によってだけ考えようとすると、あるいは物理学的な仕組みによって運動をしようとするとそれは、知の限界を生みます。それが近代西洋の限界なのです。

自然と調和する生き方、自然と調和する政策は、頭によって生み出されるものではなく、体によって体得するもです。情報というものは、かくも簡単にパクれる。だが、体得というものは、言葉では知ることができないものがあり、こちらの力は絶大なのです。

■【DVD】塩田剛三大全合気道の天地

http://heiwatou.web.fc2.com
Posted by : 大坂佳巨 | 環境 | 17:31 | comments(0) | trackbacks(0)
今年の自然災害の発生件数は過去最悪、気候変動の影響か
来年はさらなる悪化になるでしょうか。

■『養老孟司が語る「バカの壁」のむこう』

古代エジプトでは、コーンスターチを利用した「減価する貨幣」を利用していました。
いったいいつから自然主義経済が始まったのかは不明ですが、資本主義経済のシステムなしに3200年続いています。だから、このシステムを使い、国際的に認知されれば、滅ぼされる心配というものは、ないでしょう。

今、シルビオ・ゲゼルの理論を肯定している人のブログなどをよくみてみますと、「景気が低迷しているときなど一時的には効果を発揮する」という考えが根強くあると思います。

つまり、景気が回復したあとに資本主義に戻すということを言っているのでしょう。
自然主義経済であると、必ず社会や科学技術、文化などの面において停滞が起きるだろうと考えているからです。でも、その人たちに私が突っ込んでいって討論をしかけてもいいのですが、必ず、その「停滞するだろう」という考えは思い込みであることが明らかになるでしょう。

最近、私は人の意見を論破することばかりしていて、他人に非常に嫌な気分にさせていると思っています。その人たちが今まで信じていたものを根底から覆しているわけですから、とても気の毒なものです。

でも、これをしないとわからない人も多くいるのも事実です。

まず彼らはいずれも「一時的には有効であるが、永久にやると経済が停滞する」という理由について、誰も明確に答えている人はいません。なんとなくそうだ・・・と思ってしまうのは、かつてソ連という国が社会主義をやってダメだったので、資本主義でないものは必ずダメだろうという思い込みから始まっていることが多いと思います。

そして、ある人はこのような減価する通貨のシステムは日本には不向きだと言っている人もありました。その根拠は、賢明なる人が探っていけば不明確である事が証明されるでしょう。

日本であろうと外国であろうと、この経済システムにしない限り、人類は永続することはできません。これまで我々が資本主義経済において地球資源の枯渇速度を速めていなければ、わざわざやる必要はありませんが、自然界の産物を摂取して人間が生きる以上、お金がほうっておけば増えていくなどという不自然な仕組みを利用していたら自分の首を絞めることにしかならないことに気づくべきでしょう。

したがってこれは万国共通です。地球上、どこで物体を落としても全て同じ加速度で働きます。自然主義経済の必要性は、これと同じことです。ただ減価率など細部の問題では違うでしょう。

逆に、自然主義経済が日本で最も調和しやすい環境にあることを説明できます。日本には神道、仏教、道教というものがあります。これらの考えは、自然と調和して生きよということを教えています。無益に消費することなく、少ない量のものを有効に活用し、循環させることを説いています。だから日本は最適なのです。

古代エジプトでは、現代文明でも解明できないことがなされているのは、この背景に減価する通貨を使用していたからです。ここでの経済構造は絶え間ない流通が起きるために、数多くの実験失敗の現場が可能となります。失敗の数が多ければ多いほど、成功に近づきます。そこで未知なる科学分野に向けての研究が進んだのだと考えられます。

ところがローマに影響されて、このシステムをやめたとたんに、富の蓄積を始めたことが要因となって、経済は停滞し、完全にローマの支配下となったと考えられます。

現代ではピラミッドパワーと称して、非常に胡散臭そうなものが高値で売っていますが、あれはあれで一つの事実です。ただ、科学者がなんとも説明ができないものが多いわけです。ただし、これを信じていない人にとっては、その力が働かないという事例もあります。

■本格筋肉強化マシーン!ピラミッドパワー

これは科学的にも証明されていることですが、水道水を「がんに効く水」と、ありもしない屁理屈をつけて相手を信じ込ませる事によって本当にがんが治るケースもあります。

私の知人でも、25万円もする美顔機を売っている人がありました。電気によって肌がつやつやするというものです。でもそれを製造しているほうも販売しているほうも、全く科学的根拠などないことを知っています。私がみてもわかります。ただ微弱な電流をコンセントからとって流しているだけだからです。それを渋谷でキャッチで女性客を捕まえるということをやるというのです。

■★【送料無料】エステ業界初。ゲルマニウム超音波美顔器「ゲルミック」


だから私はとめましたが、彼は金儲けをしたかったのでその商売に手を染めました。それで営業セールスも茶髪の兄ちゃんたちですから、科学的にはよくわかんないけど、ナンパしながら仕事ができるから楽しいというウキウキ気分で仕事をしていたわけです。科学的にはわかんないほうが結構。だってそれを工場で作っている人ですらわかんないわけですから。


結果は、あとで消費者センターからがんがん苦情が寄せられ、東京都の寄せられる苦情の中でも、名誉ある?ベスト10にも入りました。

しかし、その効果はというと、半分以上の人に効果がありました。ほとんどの女性が美肌になっていきます。だましたほうもどんどんお金が儲かっていきます。しかし、半信半疑で買った人には全く効果はありません。それで苦情の件数も次第に多くなり、彼はやばいと思って経営権を他に売りました。

これを見て思いましたが、現代科学は人間の心理が、物質に対して大きく影響させていることについて非常にわかっていない面があると思います。実は科学がここに追究の矛先を向けると急速度にいろいろなことがわかってくるのではないかと思います。

だから古代エジプト文明というのは、こういうものを利用しているのだろうなという感じはあります。ただそれ以上のことは私にはわかりません。しかし、政治でできることというのは、このような社会環境を作ること。すなわち当時と同じように自然主義経済を作ることだと思います。

もう一つピラミッドパワーの話をすると、ピラミッドの遺跡の中には、ミイラがありますが、何千年も経っているのに腐敗が異常に遅いわけです。抗酸化作用がピラミッド内におきています。だから、私は今世紀の経済・科学技術などのキーワードは「還元作用」即ち、水素の利用だと思うわけです。


それで、古代エジプト文明の影響を受けた地域に、エーゲ文明があります。ここには自然主義経済をかつてやっていたという明確なる証拠はみつかっていませんが、基本的には平和を通した文明であったとされています。


私はこの地域には行ったことはありませんが、飛行機で九州や中国地方にいったりするときに、上空から瀬戸内海をみて、エーゲ海のようだなとたまに思うときがあります。陸上交通よりも海上交通、果物などがさんで水不足をたまに作るからです。

■漁師が直売♪相生市特産ぷりぷり殻付きカキLサイズ10キロ ナイフ付き


エーゲ文明はギリシア人に滅ぼされます。このときに文字を失われたために不明確なことが多いのです。平和が長く続いた文明というのは、最終的にどこかに滅ぼされていますが、文字などが失われてしまっていて、いったいそれまでどんな歴史があったのかがわからないということが多くあるようです。

■EPレコード「ポールモーリア」の「恋は水色、エーゲ海の真珠」と額縁パールブルー(裏面木板タ... 


それに比べれば、平和が200数十年続いた江戸時代においては文章を我々が読み解く機会を与えられていますから、とても幸運なことでしょう。


我々は江戸時代における平和のあり方をお手本とすべきです。しかしながら、今多く語られているのは、そうではありませんね。保守が保守たることを忘れ、護憲は民主主義を否定しています。実に残念なことです。


きたるべき超資本主義の時代は間近に迫っています。これはバイオエネルギーに米国が着手し始めたからです。今まで各国は、アメリカに京都議定書を批准せよといってきましたが、いざ米国がバイオ燃料に力を入れ始めようとしたら、日本の経済界は大騒ぎになっています。

今後、トウモロコシとサトウキビなどが燃料化されるため、飼料や食用油が高騰します。日本は食糧自給を怠ってきたためについにこれが表面化してくるでしょう。
どの政治家も食料・エネルギーは重要だといいながら、政策の各分野にわたってはそれを無視するかのような政策ばかりをやってきています。

舛添要一厚生労働大臣は、食料などはベトナムから買えばよいとか言っていました。今後の農政は「いかに自国の食料をお金に変えるか」ということでしか考えていません。何のためにお金が存在しているのか、本末転倒の結果が今の既成政党全てです。


それで、今後はバイオ燃料ブームがおきてきて、食卓に大きな影響を受けるようになるでしょう。マヨネーズ最大手のキューピーは17年ぶりに10パーセントの値上げです。食用油製造の日清オイリオグループは四回にわけて値上げします。Jオイルミルズも五回にわけて値上げします。牛肉やビールも上がるでしょう。これは食料全体の値上げを意味しています。なぜなら日本は食料の七割を輸入に頼っているからです。

今一度、なぜお金が存在しているのかを日本人は考えなければなりません。そして、いきつく先は、自然主義経済による貨幣の改革、食料とエネルギーの完全自給になると思います。これは自然界の仕組みを利用した、長続きする平和の方法だからです。

■驚きの撥水効果!年中使えて使い勝手バツグン!スマートベッド ドーナツ L ブラウン

Posted by : 大坂佳巨 | 環境 | 19:39 | comments(1) | trackbacks(0)
チリ・パタゴニアの大氷原
11月8日 AFP】チリの首都サンティアゴ(Santiago)から南へ1300キロに位置する国立公園Laguna San Rafael National Parkには、全長200キロ、面積4200平方キロを誇る広大な氷原Northern Patagonian Ice Fieldがある。この氷原は100万年前にパタゴニア(Patagonia)地方の大部分を覆っていた分厚い氷床の名残とされ1979年、国連教育科学文化機関(ユネスコ、United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization、UNESCO)の生物圏保護区に指定された。(c)AFP
Posted by : 大坂佳巨 | 環境 | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0)
インドネシアで泥炭湿地林が激減
環境悪化大国となるアジア。
これを食い止めるのは自然主義経済
Posted by : 大坂佳巨 | 環境 | 01:39 | comments(0) | trackbacks(0)
環境汚染の進む中国で、先天的に障害がある新生児が増加
銭の支配を強める中国。

変わらない日本。

Posted by : 大坂佳巨 | 環境 | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0)
霊長類の約3分の1が絶滅の危機に、IUCN報告発表
いよいよ人類もいきそうです。
自然主義経済に目がいかないかぎりは・・・
Posted by : 大坂佳巨 | 環境 | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0)
インドの聖なる川、汚染で生態系が危機に
人類はありとあらゆるところへ行きつくした。
それは侵略のためであるから。

その理由さえなければ、今よりももっとありとあらゆるところへ行けるはずだ。

平和党公式ブログ
Posted by : 大坂佳巨 | 環境 | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0)
IPCC議長が警告、「アジア諸国は気候変動に特にぜい弱」
【10月19日 AFP】来日中の国連(UN)の気候変動に関する政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Change、IPCC)のラジェンドラ・パチャウリ(Rajendra Pachauri)議長は19日、アジア諸国は特に気候変動に対してぜい弱であるとの警告を発し、早急に対策をとるよう求めた。

 都内で同日から2日間の日程で開催されているGEA国際会議2007の特別講演で述べたもの。パチャウリ議長は「アジア諸国は人口が過密状態にある。気候変動に対するアジア諸国のぜい弱性は重大な問題だ」と語り、早急に対策を取らなければアジア諸国は洪水被害や水資源・食糧の不足に見舞われるだろうと指摘した。

 パチャウリ議長はさらに「特に貧困にあえぐ地域が、技術力不足などから大きな被害に遭う危険性が高い。たとえば南アジア、東南アジア、東アジアの沿岸地域では、洪水が発生し数百万人が被害に遭うだろう」と分析した。

 また、人口が過密状態にあるデルタ地帯では、気温上昇がこのまま続けば、農作物にも多大な影響が及ぶ恐れがあるとした。

 IPCCは今年のノーベル平和賞を受賞。受賞についてパチャウリ議長は、気候変動問題と世界の平和と安定のかかわりが認識されたあかしと語った上で、水資源の奪い合いを要因とする紛争発生の危険性を指摘した。

 スーダンのダルフール(Darfur)紛争は、気候変動により引き起こされた世界最初の紛争と言われている。国連の統計によれば、ダルフールでは過去20年間で降雨量が40%減少しており、干ばつが同地域の摩擦をいっそう悪化させたとされる。(c)AFP
■5本のみの早い者勝ち!5本のみ!極上0.3ct!ALLH&C/SI/スイートテンダイヤプラチナリング


いっこくもはやく自然主義経済を。
Posted by : 大坂佳巨 | 環境 | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0)
アオウミガメの頭数減少、保護活動は限定的
【10月8日 AFP】セネガルではアオウミガメの肉が催淫薬として乱獲されているため、絶滅の危機に瀕している。個体数の安定を図るためのキャンペーンなども行われているが、警告を促す看板を設置するなどの限定的な手法にとどまっている。(c)AFP

平和党公式ブログ
Posted by : 大坂佳巨 | 環境 | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0)
環境税導入に賛成4割、環境に関する世論調査
自然環境問題もまた、お金で解決できると思ってるあたりは経済優先主義となんら変わることなく。

この国はお金に汚染されている。

平和党公式サイト
平和党公式ブログ
Posted by : 大坂佳巨 | 環境 | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0)
TOP